健康経営

 

京都ダイハツ販売株式会社は経営理念に基づき、従業員一人ひとりが心身共に健康であり、

明るくいきいきと働くことができるよう、従業員の健康維持増進に取り組んでいます。

 

 

 

 

1.目指す姿・目的

健康宣言

京都ダイハツ販売株式会社は経営理念に基づき、従業員一人ひとりが心身共に健康であり、明るくいきいきと働くことができるよう、従業員の健康意識を向上させるとともに、安心して働ける会社にするために健康維持に積極的に取り組むことを宣言します。

 

京都ダイハツ販売株式会社

池辺 聡志

 

 

2.推進体制

 

当社は、「京都ダイハツ販売株式会社 健康経営宣言」に基づき、従業員の健康を重要な経営資源を考え、代表取締役社長を最高責任者とし、総務部内に「健康経営推進チーム」を組織します。

健康経営の推進に際しては、産業医の支援を得つつ、労働組合、健康保険組合とも協議を行い、年間あるいは中長期的な実施計画を定め、推進していきます。

 

 

3.健康課題と取組内容

 

健康課題の設定および評価・改善

当社は、健康診断や職場環境に関する様々な情報に基づき、重点課題として、生活習慣病予防、労働時間の適正化・ワークライフバランスの推進、メンタルヘルス対策等を設定し、具体的な取り組みを進めています。

健康診断データを初めとして各種情報に基づき、全社の状況を把握・検証・分析することで、各施策の効果評価を行うとともに新たな対策を継続的に実施していきます。

 

主な取組み内容

・健康状態の適切な実態把握

定期健康診断・人間ドック 受診率100%

ストレスチェック 実施率100%

・運動習慣の改善を通じた生活習慣病予防

・労働時間の適正化・ワークライフバランスの推進

本取組みは職場環境におけるコミュニケーション向上にもつながっており、引き続き様々な工夫をしながら取り組みを推進していきます。

 

 

4.健康経営の普及拡大活動

 

取引販売店様への健康経営普及活動

お取引き販売店様向けの勉強会を開催し、健康経営に取り組む各販売店様の輪を広げる活動に取り組んでいます。